タマの生活の知恵を公開


by ifinzic8gh

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 「すいません。現像に失敗しました!」−白黒写真フィルムを現像する暗室から若い記者が顔面蒼白(そうはく)で飛び出してきた。昭和60年8月13日の午前0時過ぎ、埼玉県浦和市(現さいたま市)の浦和支局は一瞬、静寂に包まれた。

 12日夕に羽田空港を出発し、大阪に向かった日航ジャンボ機が姿を消し、墜落場所が分からず情報が錯綜(さくそう)していた。そんな中、航空自衛隊入間基地から「墜落地点を撮影した」との連絡が入り、記者クラブの幹事社だった産経新聞がフィルムを受け取って現像し、印画紙に焼き付けて報道各社に配る手はずになっていた。

 「それが失敗した?」。あわてて暗室に入り、フィルムを見ると、確かに闇夜だけに黒い部分が白く抜け何も写っていないように見えたが、ルーペでみると、小さな黒い点が幾つもみえた。「これでいいんだ。これが炎だよ。すぐ本社に電送してくれ」。この墜落現場写真は13日付最終版に掲載された。

 現在は、フィルムカメラからデジタルカメラに変わり、すぐに撮影結果を確認でき、パソコンに取り込んで携帯電話を使ってその場でデータ送信をする。写真だけでなく動画でくわしく紹介もする。

 JR東京駅前の丸ビル(東京都千代田区)1階フロアに5月16日まで展示された10メートル四方の巨大なゴッホの自画像。絵画ではない。14日にギネス・ワールド・レコーズから「2070枚のポロシャツを使ったモザイク画」として世界記録を認定されたアパレル大手の「オンワード樫山」制作のモザイク画だ。編集企画室の記者が紙面に記事を出稿し、「YouTube(ユーチューブ)」に動画をアップした。

 編集企画室の業務は多岐にわたる。企画事業局と連絡を密にし、主催する絵画展や写真展の紹介記事を編集局と調整し、社会面、経済面、都内版などに出稿したかと思えば、企画特集面を作る。今後はコンビニエンスストアを舞台にした「デジタルサイネージ」(電子看板)分野にも進出する。

 もちろん、営業局や企画事業局からの依頼で制作する企画特集ではスポンサーやクライアントの意向を考慮しなければならない。しかし、読者が知らない業界用語も多い。企業と読者とのナビの役割を果たし、いかに企業の思いや商品の特徴を的確に、かつ読者に役立つ情報として伝えていくか…最新鋭のデジタル機器と格闘する毎日ではあるが、やりがいもある。(編集企画室次長 福田光洋)

<愛知県医師連>各党から参院選出馬予定の3人 同列に推薦(毎日新聞)
<大雨>25日にかけ近畿・東北で200ミリ 関東は100ミリ(毎日新聞)
<秋葉原ホコ天>7月末にも再開へ 無差別殺傷事件で中止に(毎日新聞)
警察庁、全組員情報を証券業界に一括提供(読売新聞)
家出人数は8万1600人=7年連続減少―警察庁(時事通信)
[PR]
by ifinzic8gh | 2010-05-27 10:42
 前原誠司国土交通相は14日の閣議後記者会見で、福井県が高速増殖炉「もんじゅ」(同県敦賀市)再開に伴い、未着工となっている北陸新幹線(金沢〜敦賀間)の整備を求めていることに対し、「別問題だ。採算性や並行在来線の問題などを整理することなしに、『はい、分かりました』と軽々に言える話ではない」と述べた。
 これに関し鳩山由紀夫首相は13日、西川一誠同県知事と会談した際に「地元の努力に十分報わなくてはいけない」として、前向きな姿勢を示していた。 

【関連ニュース】
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

ニセ女医の「勤務先」、実際は「通院先」(読売新聞)
<建造物侵入>京大病院で風呂拝借…56歳容疑者「金なく」(毎日新聞)
「来年、るみ子から花もらいたい」=母の日に拉致被害者宅を訪問−鹿児島(時事通信)
国内医療用医薬品が2ケタ増収―エーザイ(医療介護CBニュース)
取調室禁煙 消えゆく「1本吸うか」…15都道府県警実施(毎日新聞)
[PR]
by ifinzic8gh | 2010-05-18 11:51
 仙台市泉区の私立高教諭、松本秀夫さん(56)が自宅玄関前で殺害されているのが見つかった事件で、自宅北側の駐車スペースに松本さんを引きずったような血痕が残っていたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。また、住宅街の路上まで血痕の付いた足跡が数百メートルにわたって残っていたことも判明。宮城県警泉署捜査本部は犯人が血を付けたまま逃走したとみて調べている。

 捜査本部などによると、足跡は駐車スペース付近を起点とし、自宅裏の道路を北側に向かって点在していた。足跡の間隔は自宅近くが広く、離れるにしたがって狭まっていることから、犯人は最初は走ったが間もなく徒歩で逃走したとみられる。捜査本部は目撃情報の収集を急いでいる。また、駐車スペースに松本さんの物とみられるサンダルが落ちていた。捜査関係者によると、自宅内には争った形跡がないことから、屋外で殺害されたとの見方を強めている。

 松本さんは4月30日午後10時ごろ、自宅玄関前で倒れているところを、帰宅した大学生の長男(23)に発見された。頭や顔を鈍器のようなもので執拗(しつよう)に殴られていたため、強い殺意があったとみて、トラブルの有無などを調べている。【須藤唯哉、垂水友里香】

【関連ニュース】
<事件の一報>殺人:高校教諭が殺される…顔に殴打の跡 仙台
<事件の記事>仙台・教諭殺害:退院当日、襲われる
<事件の記事>仙台・教諭殺害:関係者に衝撃 生徒保護者や職員にメールで報告 /宮城
<事件の記事>仙台教諭殺害:鈍器で執拗に殴る 以前の大けがと関連捜査

未明に住宅全焼、焼け跡に1遺体…1人不明(読売新聞)
もんじゅ、5月6日の運転再開を決定(産経新聞)
転落死 4歳女児、ベッドで飛び跳ね窓から 兵庫のホテル(毎日新聞)
平城遷都1300年 天平行列華やかに(産経新聞)
<口蹄疫>新たに4例 宮崎(毎日新聞)
[PR]
by ifinzic8gh | 2010-05-07 11:49